2009年06月17日

インプラント学会

患者さんの関心の高いインプラントについては、さまざまな情報が錯綜し、YahooやGoogleで検索してもなかなか良い情報が見つかりません。

少しでも良質な治療を希望する患者さんは「インプラント 学会」というようなキーワードで検索をするかもしれません。

あるいは「インプラント歯科医師会」とか「インプラント 専門医」などもキーワードとなるでしょう。

YahooやGoogleで検索してみると、「インプラント 歯科医師会」「インプラント 専門医」などのキーワードでは、残念ながらあまり良質な検索結果が得られませんでした。

しかしGoogleで「インプラント 学会」と検索してみると、1ページ目には下記のような四つの学会が表示されました。

日本口腔インプラント学会
国際インプラント学会 AIAI
日本顎顔面インプラント学会
ICOI


これらの学会に関する情報を収集してみると、日本口腔インプラント学会と日本顎顔面インプラント学会は、 日本歯学系学会協議会に属する団体であることがわかります。

特に日本口腔インプラント学会は日本最大のインプラント学会であるようです。

四番目のICOIについて調べてみると、色々のサイトで「ICOI国際インプラント学会」と表記されています。

二番目の国際インプラント学会 AIAIと同一表記で、同じ学会かなとも思います。

しかし二番目のAIAIについて調べてみると、GOIAだのDGZIだなと、色々な英語表記の略称が出てきて、何が何だかわからなくなってきました。

そこで見つけた記事が下記の記事です。

asahi.com(朝日新聞社):歯科インプラント認定医、受験資格満たさず ...

どうもAIAIという団体では、2009年の1月に「複数の歯科医師が虚偽の書類を提出して認定医の資格を得た」という不祥事が発覚し、その後、AIAI=GOIA=DGZIという関係で、名称変更や組織改編を行っていたようです。

ちなみに、四番目のICOIとはInternational Congress of Oral Implantologistsの略称で、「国際口腔インプラント学会」と訳すのが適当のようですが、多くの関係サイトでの表記が「国際インプラント学会」となっており、虚偽認定資格問題を起こしたAIAIと混乱する原因となっていたようです。

患者さんの利益のためにも不祥事が発覚したAIAIとははっきりと異なる団体であるという情報提供を行って頂きたいと思います。

歯科IT研究会では、今後もインプラント関係諸団体と情報交換をしながら、インプラントを希望する患者さんへの正しい情報提供を目指して、インプラント関連学会の情報収集を行っていく予定です。

posted by towa at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報提供型歯科医院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121664042
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。